OneStepについて


【これからの社会に求められる力とOneStep」】

「覚える」学習から「考える」学習へ

今世界では、一方的に教わるのではなく、子どもが自ら興味や関心をもって探求し、人との対話を通じて、子ども自身の考えを広げて深める学習が求められています。

それに合わせて、日本の大学入試では、これまでの知識を問うセンター試験に代わり、2021年1月から思考力・判断力・表現力が問われる「大学入学共通テスト」が開始します。そこでは、複数の情報に基づいて考えをまとめ、説明する力が問われることに。

また、小学校では2020年度から、中学校では2021年度から新しい学習指導要領に基づく授業が始まります。
そのため、これからの学校教育では知識・技能の習得に加えて、思考力といった「考える力」の育成に重点が置かれて、主体的で対話的な深い学びが授業に取り入れられていくのです。

ScreenClip (2)

しかし、学習レベルや興味がバラバラな子どもたちが多く集まる学校の授業では、日ごろから塾や家庭でハイレベルの学習をしてきた子どもや、特定の分野に強い興味をもった子どもの「考える力」を伸ばすことは難しいという現実があります。

タブレットで子どもの学習到達レベルに沿った授業などの動画を見れば、ある程度の知識は身につきます。
でも、動画から得た知識の定着率は高くないことが分かっています。もちろん、動画からは「考える力」は身につかず、表現力が上がるはずもありません。
その結果、子どもの学びに向かう力も引き出せない結果となってしまいます。

そこで、OneStepはオンラインの強みを活かして、以下の4つの学びをご提供しています

①  好奇心を学びに変える「OneStepの才能発掘ラボ」

土曜日のオープンラボ。
おもに小学生向けの考える実験や工作、アクティブラーニングを行っています。

どなたでも参加可能です。
オンラインのお申込みで、お気軽に参加できます。

② 歴史好きの輪を広げ、研究者も目指せる「OneStepのクラブ」

歴史(特に日本史)好きの子どもたち向けのクラブです(大人も参加可能なものもあります)。
小学生だけでなく、中学生・高校生向けの日もありますので、東大受験や研究者の入り口までサポートできます。

歴史好きの裾野を広げ、東大などを目指したり研究者を夢見たりする若者に質の高い学びの場を提供することが、OneStepの日本史クラブの目的です。
また、のぶた先生の趣味で英語クラブもやっています。

③ 自由なときに自由に学べる「OneStepのフリースクール」

OneStepのフリースクールは、個人に合わせたサポートを提供する、平日昼間のオンラインベースのフリースクールです。
OneStepのフリースクールでは、『好きなことを追いかけたら、その先で見つかる夢がある』という想いのもと、その『好き』を大切にできるようにお子さんをサポートしていきます。

専門家とカフェのようにくつろいで相談できる「OneStepの発達相談」

発達・療育の専門家である言語聴覚士や作業療法士が、お子さんの特性に合わせてサポートいたします。
学校や家庭での困りごと、お子さんの教育、不登校、発達、ことば(発音など)やコミュニケーションに関する悩みなどなど、まずはご相談ください。 

小学生はもちろん、入学前のお子さんの就学相談・発音やことばの遅れ等、気になることについてのご相談も受け付けております。


【OneStep 代表あいさつ】

のぶた先生

はじめまして。
OneStep代表の古川順大(ふるかわ のぶひろ)です。

これまで九州大学大学院で日本史を専攻して修士号を取得した後、福岡市史編纂室・九州国立博物館・九州歴史資料館に勤め、久留米工業高等専門学校講師を経て、現在は河合塾で日本史の講師をしています。
また、鹿児島市の鹿児島高等予備校でも、特別招請講師として日本史を教えています。

このように、私はこれまで主に高・大学などに深く関わってきましたが、わが子が入学後より長期的な不登校となったことをきっかけに、これまでは漠然としかイメージしてこなかった昨今の小学生をとりまく環境と、小学校の教育システムについて真剣に考えるようになりました。
また、福岡市のフリースクールで、ボランティアとして多くの不登校の子どもたちの話を直接聞いたり、学習を教えたりしました。

未来へのOneStep

子どもたちの好きなことや得意なことを、それぞれの子どもの特性に寄り添って、探究型の学習で伸ばしていきたい。
大学へと進学したり、好きなことを仕事にできるスキルを身に着けたりして、自立して社会に飛び出していってほしい。

OneStepに一歩踏み出せば、ここからどこにだって行ける! そんな学び場をつくりたいという思いを抱いて、オンラインの新しい学び場であるOneStepを立ち上げました。

皆さんと共に、未来への一歩を踏み出す日を心待ちにしています。

-古川順大の主な業績-

 古川順大(ふるかわ のぶひろ)

 九州大学大学院人文科学府歴史空間論修了(修士(文学))

 ・所属学会:九州史学研究会

       続日本紀研究会

       古代山城研究会

 ・学術論文:「田猟の容認時期に関する一試論――天平二年九月庚辰詔の分析――」『続日本紀研究』(続日本紀研究会、386号)

       「養老律における田猟容認の背景――公私の田猟とその諸相――」『日本歴史』(日本歴史学会、747号)

       「鞠智城が肥後在地社会に与えた影響」『鞠智城と古代社会』(熊本県教育委員会、1号)

       「天安元年対馬島司襲撃事件の政治史的考察」『続日本紀研究』((続日本紀研究会、414号)

        その他学会報告等多数

 ・一般向け電子書籍:『センター試験最短距離へのハンドブック』

           『センター試験の難易度考察』

           『北斗の日本史』

           『誰も得しない日本史 第1巻』