発達相談

【言語聴覚士紹介】

シマシマ先生

こんにちは。 言語聴覚士シマシマです。

One Step代表のぶた先生と同じ名字ですので、子どもたちが『シマシマ先生』と名付けてくれました。

そうです、シマシマボーダーの服をいつも着ているからなのです。笑。

さて、私の自己紹介をさせていただきますね。

言語聴覚士(ST)というリハビリテーションの国家資格を取得し、早20年以上経ちました。

現在小学生の子どもを子育て中。 

好きなことは、スタバなどカフェでとことん甘いものを飲むこと。 マステ(マスキングテープ)収集。200本以上!笑。 

小沢健二さん、唄人羽、ガーリージラフの音楽が好き。 スコーンをうまく焼けるようになりたいと、修行中です。 

肢体不自由児施設にて、重度心身障害児さんのリハビリテーションに5年携わり、その後は古賀市・糟屋郡内・太宰府市などのことばの教室や療育・発達相談・幼稚園保育園小学校等の巡回相談に関わってきました。 糸島市内のクリニックでも、小児のリハビリテーションに従事し、田川市などの地域支援事業として、困りごとを抱えるお子さんや保護者の方をサポートしてきました。

また、児童発達支援センターや放課後等デイサービス、小児訪問看護ステーションの立ち上げからスタッフとして長年勤務してきました。 言語聴覚士で小児の訪問リハビリというのは、当時福岡ではかなり珍しかったようですが、この経験は『子どもの世界を広げる・可能性、持っている能力を最大限に発揮するにはどんな風に支援したらいいのか?』ということに向き合うことができた時間でもありました。

子育てし、我が子が不登校となり、発達凸凹で色々な世界を見せてくれるようになり…私の言語聴覚士としての役割が少しずつ変化してきたように思います。

知識も経験もあるけど、我が子のこととなるとお手上げ!そんな自分に嘆きながらも、いやいや…持っている私のこれまでの言語聴覚士チカラを活かしてみようじゃない!と思えてきた今日この頃。 みなさんと同じように右往左往しながら、子どもがキラキラ得意げな顔をする様子を見ることが何より嬉しいなぁと思う日々です。

そもそも、言語聴覚士って何? ずばり、コミュニケーションの専門家です。

話す・聞く・読む・書く…ことばはもちろん、ココロの中の声を一緒に外に発信するお手伝いが得意です。 

ことばの遅れ、発音が気になる、お友だちや先生とうまくいかない、どもり(吃音)がある、学習でついていけないところがある、発達障害と言われた、、、などなど。

小さなお子さんから中学生くらいまでご相談や、個々にあった支援計画を立て指導します。 

 

 

普段の生活の中で感じる育てにくさや、なんかちょっと違う?と感じる直感。。 いつも怒ってばかりの毎日。 ことばがなかなか出なくて不安な日々。

 どこかに相談したいけど、病院に行くには勇気がいる。 

 

「もしかして、発達障がいなのかしら?」 

「健診では様子見ましょうと言われたけど、様子見るって何? 」

「発達検査って何だろう? 子どもに対してこれでいいのかな?」

と自問自答しながら悩んでいる方……。 

在宅療養児のご家族でリハビリになかなか出られない方もオンラインでお子さんと楽しい時間を過ごしませんか?

コミュニケーション機器に関する分野が得意です︎

 

「ぼく何だかんだみんなと違う?」「私、お友だちと仲良くしたいのにうまくいかない」という気持ちを抱えているキミ。

 まずは、専門家に相談してみませんか?

 デリケートなことで、お子さんの将来に関わることだからこそ、有資格者にご相談くださいね。

 

一人で抱えこまず、お茶飲みながら一緒に考えてみましょう︎

 

もし、個別指導や発達検査の必要があればそれもこちらからご提案いたします。 

お子さんがのびのびおだやかに生活できるよう、、、保護者の方がそれを笑顔で見守っていけるよう、お手伝いいたします。 

 

現在は新型コロナウイルスの影響により、お互いの健康を守るため、オンライン(zoomもしくは、メール相談)中心となります。 

対面相談や指導をご希望の方は、対応できる範囲でご対応いたしますのでお問い合わせくださいね。

(お問い合わせはこちら→ https://ws.formzu.net/dist/S76151336/

シマシマ先生のブログ→ [ シマシマかーちゃんの日常。 ]