OneStepの小学生向け「歴史・地理クラブ」では、

歴史や地理を知る楽しさを子どもたちに伝え、

歴史に学ぶことを考えさせます。

重要な知識やディスカッション能力が磨かれ、中学~大学入試にもつながる学力が身につきます。

2020年度から始まる、小学校の新しい学習指導要領(※)に対応しています。

クラスのレベルは2段階に別れています

●中学年~高学年にオススメ:

月曜日20時・火曜日17時・水曜日18時・木曜日18時・金曜日20時・土曜日17時

●低学年~中学年にオススメ:

火曜日18時・水曜日17時・木曜日17時・土曜日18時

【年間の流れ】

約2年間かけて、小学校の中~高学年で習う歴史・地理分野を学びます。

3年目以降は1~2年目とは違う知識を取り扱い、新たなテーマでディスカッションしますので、3年以上継続されると、新しい発見や、より高い能力向上の効果があります。

(およその予定・実際は少し早まっています)

2020年度:4~9月…日本の歴史(古代~中世)、日本の地理(地元と国土、人々のくらし)

     10~3月…日本の歴史(戦国時代~近世)、日本の仕事(農業・工業など)

2021年度:4~9月…日本の歴史(近代)、世界とのつながり・交流

     10~3月…日本の歴史(現代)、世界の歴史と日本

【週の流れ】

クラブの前日までに、クラブで使うプリントをメールで配布します。

プリントアウトするか(モノクロでもかまいません)、 ノートに写すなどしてご利用ください。プリントがなくても、ついていけなくなるということはございません。学習効果を高めるための補助とお考えください。

クラブの後の復習や受験対策用のプリントもお送りします。クラブでのディスカッションのネタバレにもなるもで、このプリントはクラブが終わった後、お子さまに渡していただきます。この復習用プリントの後半は、6年生が受験対策で使えるレベルで作成しております。漢字なども中学年には難しいと思いますので、すぐにできなくても、慌てる必要はありません。お子さまが学習を嫌いにならないように、無理強いはしないでください。

【OneStepのクラブで身につくこと】

中学を受験する予定があれば、塾での受験特化の勉強が本格化する5~6年生になる前の段階(2~4年生のとき)に、OneStepの歴史・地理クラブで重要知識とディスカッション能力を磨いておくことをオススメします。

考える力を重視する新しい学習指導要領に備えて、学校の授業も変化してきました。しかし、新型コロナウイルスの登場にともなう「新しい生活様式」(厚生労働省)を守るため、長期間にわたって小学校でディスカッション授業が中止されるみこみです(福岡市の小学校の校長先生から直接話しをうかがいました)。考える力を伸ばすためには、ディスカッションを繰り返すことが大事です。対面授業でディスカッションができない今、ぜひオンラインでディスカッション能力を早めに高めておきましょう。

あくまで楽しみながら歴史や地理に親しむことが大事です。遠くの子どもと一緒に歴史・地理を学んだり、ディスカッションしたりすることを通して、小学校などでは多数派になりにくい、歴史が好きな子どもどうしの交流の輪が広がります。また、好きなことや得意なことがあるという自信を高めます。

(※)新しい教科書(学習指導要領)が子どもたちに求めていること

①資料やグラフといった、情報を読み取って考えること

②学んだことを日常の生活や社会で活かせること

③他の教科とのつながりを意識できること

 

お問い合わせリンク(https://ws.formzu.net/dist/S17855380/