OneStepの中学生向け「日本史・歴史クラブ」では、

日本史や世界史を知る楽しさを伝え、

世界史の視点から日本史をみることを考えさせます。

 

歴史は好きだけど学校の歴史授業はつまらないという中学生に、

特にオススメします。

講義とディスカッションを通じて、トップクラスの高校受験(と大学受験)にも通用する、日本史・世界史の能力が身につきます。

社会科の諸分野の関連を意識してディスカッションすることにより、メンバー同士で知識と自信を高め合います。

現在の学習指導要領に加え、2021年度から始まる、中学校の新しい学習指導要領(※)にも対応しています。

【年間の流れ】

約2年間かけて、中学校で習う歴史分野を学習します。どのタイミングで入会されても大丈夫です。

(予定)

2020年度:4~9月…歴史の移り変わりを考えよう、原始古代の日本と世界、中世の日本と世界

      10~3月…近世の日本と世界

2021年度:4~9月…近代の幕開け・近代の日本と世界

      10~3月…二度の世界大戦と日本・現代の日本と世界

【OneStepのクラブで身につくこと】

考える力を重視する新しい学習指導要領に備えて、学校の授業も変化してきました。しかし、新型コロナウイルスの登場にともなう「新しい生活様式」(厚生労働省)を守るため、長期間にわたって学校でディスカッション授業が中止されるみこみです(福岡市の校長先生から直接話しをうかがいました)。考える力を伸ばすためには、ディスカッションを繰り返すことが大事です。対面授業でディスカッションができない今、ぜひオンラインでディスカッション能力を高めて、受験と将来のビジネスシーンに備えておきましょう。

あくまで楽しみながら歴史に親しむことが大事です。遠くのメンバーと一緒に歴史を学んだり、ディスカッションしたりすることを通して、学校などでは多数派になりにくい、歴史好きどうしの交流の輪が広がります。また、好きなことや得意なことがあるという自信を高めます。

楽しむのが第一ですが、内容は高校入試にも直結するものです。

また、OneStepのクラブで楽しみながら身につけた能力は、将来的に大学受験の共通テストや、東大など難関大学の受験を突破する力の基礎になるものです。

さらに、歴史の研究者を目指そうという夢をもっている人には、学術的な歴史学の世界を紹介します。

(※)新しい教科書(学習指導要領)が子どもたちに求めていること

①資料やグラフといった、情報を読み取って考えること

②学んだことを日常の生活や社会で活かせること

③他の教科とのつながりを意識できること

 

お問い合わせリンク(https://ws.formzu.net/dist/S17855380/